子供の遺伝子検査で才能を伸ばす

子供の遺伝子検査によって才能を伸ばす!?検査キットはこれだ!

子供の遺伝子検査によって才能を伸ばす!?検査キットはこれだ!

 

  • 我が子の才能を伸ばしたい
  • 我が子にはどんなものが向いているのか?
  • 子どもがのびのびと才能を発揮できる環境を作ってあげたい

 

それをしてあげられるのは、お父さん・お母さんであるあなたです。

 

 

我が子に才能を見出し、そしてそれを伸ばしてあげること、

あるいは苦手な部分を把握し、それを克服するための方法を知ること。

 

 

本人だけではなく、お父さん、お母さんも知っておくことで、

子供がのびのびと安心して育つことが出来るのです。

 

 

最近の医学は大きく発達し、遺伝子検査によって、

我が子の特徴がある程度分かるようになっています。

 

 

これを実現してくれるのが、DNA FACTOR「子どもの能力遺伝子検査」です。

 

 

 

 

遺伝子検査をすることで子供の特徴を細かく理解することができ、

子育てに多いに役立てることが出来るでしょう。

 

 

こんな特徴があります。

 

○悪質検査を排除し、日本国内でしか行われない遺伝子検査キット
○学習能力遺伝子、身体能力遺伝子、感性遺伝子と3つの方面からの分析により、

我が子の向き不向きを徹底解説
○分析結果による子どもへの接し方もドクター徹底解説

○専門用語を極力避け、わかりやすい冊子タイプで結果を教えてくれることで、

保護者の方が非常にわかりやすいと評判
○口内の粘膜を綿棒で取るだけなので簡単に検査ができる

 

 

あなたも我が子の可能性を伸ばしてみませんか?

 

 

遺伝子検査は海外で行われている??

 

実は遺伝子検査を請け負っている企業の中で、
海外(主に中国)で検査を行い、

その結果をお届けしているところもあります。

 

 

もちろんこれが駄目ということではありませんし、
海外だから必ず悪用されるといったことでもありません。

 

 

ですが、やはり安心できるのは国内

検体の搬送、検査、調査が行われるものですよね?

 

 

そこでDNAFACTORはこれらのすべてを国内でのみ行い、
海外に遺伝子情報が渡るということはありません。

 

 

もちろん、厚生労働省が制定している

「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」をもとに、
検査、情報管理を行っていますので、国の規定は十分に満たしています。

※検査結果が漏れることの無いように手順、情報管理の方針を定めたもの

 

 

 

DNA FACTORの口コミってどんなもの?

 

DNA FACTORの口コミの一部をご紹介します。

 

私の子どもは家の中で遊ぶことが多いため、運動が苦手なんだと勝手にイメージしていました。もちろん私がそうでしたので、なんとなくそう思っていました。

 

ですが、スプリンタータイプと判定が出て、瞬発力やスピードといった能力で有利という結果を見たときに、本当に目を疑いました^^;

 

陸上、スケート、水泳なども結構得意みたいです。

 

自分がそうだからと言って、子どももそうとは限らないって本当なんだなって思いました。

 

もう少し大きくなったら、本人が楽しめる習い事をさせてあげたいなと思っています。

 

もちろん今回の結果を参考にして、本人が楽しめればそれだけで十分だと思いますが、予めその予測が抱きただけで本当に良かったと思います。

 

本人が必ず望むとは思いませんが、やっぱり自分が得意で熱中できるものをやらせてあげるのが一番かなって思います。そのためのヒントがわかって本当に良かったです。

 

ありがとうございました。

 

子どもには無限の可能性があるということを思い知らされました。

 

もちろんこの結果が全てではないということはわかっていますが、やっぱり我が子が好きなことに熱中して、楽しんでいる姿を見るというのは、親にとって何よりも嬉しいものです。

 

今回の結果を大いに参考にさせていただきたいと思っています。

 

親である以上、自分の子どもには色々と期待してしまいますが、親のエゴにならないように、無理に押し付けるようなことはせずに、好きなことを見つけて、取り組むことを嫌いにならないように、親としてアドバイスしていけたらいいなと思います。

 

声の欠け方やアドバイス方法などにも触れられており、とても参考になりました。

 

子ども自身の可能性が広がったと思います。

 

検査を受ける前から今までの我が子を見て予想はしていましたが、意外な結果も幾つかあり、やっておいて損はないと思えました。

 

スポーツだけではなく、感性や芸術面、勉強面と3つの視点から結果を見ることができるので、本当に詳しく開設してくれるんだと感心しました。

 

遺伝子検査ってこんなに発展しているんだって驚かされました。

 

実は以前格安の検査を行ってみましたが、結果がわかりにくかったのと、このように多方面で解説してくれなかったので、我が子のためと思い切って検査を受けました。

 

もちろんこの検査結果通りに子どもが進んでいくとは限りませんし、興味を示すかも不明ですが、潜在能力を活かす手助けを親がしてあげることで、本人も自分の道が見えてくるのかな?って思います。

 

自分で思っているのと、我が子の才能って違うんだなってことがよくわかりました。

 

自分が苦手だから子どもも苦手・・・。そんなイメージを持ってはいけないということで、少し反省させられましたし、本当に参考になったと思います。

 

やっぱり我が子は自分で取り組んだ結果がうまく行けば、喜んで熱中していきますし、そんな場面を何度も見てきました。

 

今回の結果で更に長所を伸ばしてあげるようにしていけば、子ども自身も自分のことをわかってくるのかな?って思います。

 

少し高かったのですが、この丁寧な冊子を見て、やってよかったと思います。

 

勉強、運動、感性など多方面で結果が得られるので、そこら辺の格安キットより全然いいと思う。

 

むしろ親が受けてみたいって思えるほど詳しく解説された冊子が届いて、価格が高いだけあるなと思った。

 

これだけで将来を決めるとまではいかないが、好きなこと、寝厨できること、結果が出せること、そういったものを軸にしていくことで、本人の能力を最大限に発揮できるのかなと。

 

嫌な仕事をイヤイヤ取り組むのと、楽しんで取り組むのでは、結果に違いが出てくるのは当たり前。

 

そんなイメージかな。

 

大いに参考にさせてもらいたいです^^

 

 

 

 

 

 

 

子供の能力遺伝子検査キットのデメリットは??

 

「子どもの遺伝子検査キット」には

価格が高いというデメリットがあります。

 

 

これは市販の格安キットを使用したことがあれば、
尚更そのように感じるのではないでしょうか?

 

 

ですがこれにはもちろん理由があり、正確性を求めるために、

ダイレクトシーケンスと呼ばれるDNA鑑定方式を用いています。

 

 

従来の方法であったDNAチップ、タックマンプローブ法による鑑定は、

DNAを一度増殖させることで鑑定をしやすくするものでしたが、

鑑定結果が少しブレやすいと言われています。

 

 

ダイレクトシーケンス方式を用いることで、

採取した細胞をそのまま鑑定しますので、

関節的なシグナルも見逃さず、正確性が高い鑑定方法と言われています。

 

 

この方法は迅速で正確性の高いDNAの鑑定を行うことが出来ますが、

その分鑑定方法が細かくなり、手間も掛かることから、

どうしても価格が高めに設定されています。

 

 

また、DNA鑑定FACTORの検査の項目が多いことも

価格が高い要因となっているようです。

 

 

最初にご紹介したとおり、

学習能力、運動能力、感受性能力の3つの項目を検査しますので、

さまざまな情報を得ることが出来る分、

相応に費用と手間がかかるということでしょうか。

 

 

国内でしか取り扱わない仕組み

 

繰り返しになりますが、

日本では遺伝子検査が細かく出来る場所が限られており、

海外で検査を行っているものも少なくありません。

※巷の格安キットは基本的に海外で行っています。

 

 

やはり海外にまで我が子の遺伝子情報が渡ってしまうのは

少々不安という方も多いでしょう。

 

 

これに対して、DNA鑑定FACTORでは、

日本国内の検査室でのみ遺伝子検査を行い、
海外に情報を一切出さないという方法を取っています。

 

 

検査できる場所が限られており、

検査機器費用も高額となっていることから、

どうしても費用がかかってしまうようです。

 

 

 

ですので、費用と安心のどちらを希望するのか?
という選択になります。

 


 

 

以上の理由から、DNAFACTORから基本価格が少々高めに設定されています。

 

 

あなたも我が子の可能性を伸ばしてみませんか?

 

 

 

遺伝子検査は親のエゴ??

 

遺伝子検査という単語を聞いた場合、多くの人が思うのでしょうが、
「それって親のエゴじゃないの?」って考えていませんか?

 

 

もちろんそのように考えてしまうのは仕方がないことだと思います。

一見親の言うことに従うように子どもを操作すると考えてしまいがちですから。

 

 

ですが、これは半分が正解で半分が間違いです。

 

 

これは子どもであっても、大人であっても同じことが言えますが、
自分が好きなものほど熱中して取り組むこともできますし、

良い結果が出せてくる。

 

 

好きこそものの上手なれ。

 

 

こんなことわざを聞いたことがある人は多いと思いますが、

まさにそのとおりなのです。

 

 

自分自身が興味を持ち、熱中して取り組み、色々試行錯誤するからこそ、
結果は付いてきますし、満足感や充実感を得ることができるのです。

 

 

あなた自身の経験に当てはめる

 

例えばですが、こんな経験をしたことがないでしょうか?

 

 

あなたが最初に苦手、好きではない授業やスポーツがあったとします。

 

 

でも、実際にやってみると案外うまくいき、全く苦ではなくなり、
逆にやればやった分結果がついてきて楽しくなってくる。

 

 

子どもにとって、実はこれが一番大事だったりします。

 

 

子ども自身が試したり取り組んだりして、難なく取り組めたり、
良い結果が出せてくれば。

 

 

必ずと言っていいほど繰り返しやりたくなってきますし、
モチベーションがグングンと上がってきます。

 

 

実は遺伝子検査の一番の醍醐味と目的はこれなんです。

 

 

子どもの才能、向き不向きを見出し、
得意なことをやらせてあげること、そして楽しむこと。

 

 

このためにこそ遺伝子検査キットは存在するのです。

 

 

私と子供の得意不得意

 

 

これはあなた自身が仕事をしているのであれば

なんとなくイメージができるのかもしれません。

 

 

仕事をしている中で、自分が得意な分野と不得意な分野って、
なんとなく出てきませんか?

 

 

私は事務の仕事をしていますが、

エクセルを使った仕事が得意分野です。

 

少なくとも自分の班の中では私より詳しい人が居ませんので、
殆どの方がわからないことを私に聞いてきます。

 

 

もちろん得意分野ですし、自分で解決できない部分であっても、
自分なりに調べて結論を出してきました。

 

 

ですが企画系の、いわゆるそれ意外の発想力が求められる仕事では、
なかなか良い結果を出せていなかったりします。

 

 

自分で一生懸命考えたはずの企画やプランがコケたり・・・

 

そんなことも多々経験してきました。

 

 

このように、自分自身の得意・不得意と言うのは千差万別であり、
どのような人でも違いが出てきます。

 

 

そして、これはもちろんあなたのお子さんにも同じことが言えます。

 

 

子供の成長

 

子供は基本的に物覚えが早く、

いろんなことを気づかないうちに吸収していきます。

 

 

ですが私達と同じように、すべてが得意ということはなく、

好き嫌いが出てきますし、それにはお子さん自身が興味があるか?

自分の得意なものか?ということに大きく左右されます。

 

 

例えばこんな経験ありませんか?

 

 

あなた自身が得意だったから子供にもやらせてみようとして、

実際にやらせてみたら言うことを聞かずにすぐに投げ出してしまった。

 

 

これは私自身も我が子で経験していますからよくわかります。

 

 

あなた自身が得意だからと言って教えようとしても、

子どもにとってそれが得意分野だとは限りません。

 

 

大人以上に好き嫌いが激しく、それでいて正直です。

 

 

これはもちろん悪いことではなく、子ども自身が成長していく上で、
自分に合ったものを見つけることは成長と言えるでしょう。

 

 

このように、我が子には我が子の進むべき道があり、

それはあなた自身と同じような感性かもしれませんし、

そうではない特別な才能もあります。

 

 

子供にはどんな才能があるのか、実は誰にもわからない

 

私自身がそうでしたが、我が子にどんな才能があるのかを
これは私達自身がわかっているようで、実は意外な結果だったりします。

 

 

我が子が結構スローなイメージがあっても実は瞬発力に優れていたり、
スポーツに適していないと自分では思っていても、
実は我が子には向いているスポーツがあったりと、
我が子は私達が思っている以上にいろんな才能があったりするものです。

 

 

これ、私たちはどのように子供を判断しているのでしょうか?

 

 

それはもちろん自分たちの経験を元に判断しています。

 

 

例えばあなた自身がインドア派で

スポーツをあまりやってこなかった・・・。

 

長距離が苦手だと思って

短距離系や瞬発力系のスポーツなどをやっていた・・・。

 

 

そのような経験をしてきた方は多いと思います。

 

 

ですがここで注意が必要なこと。

 

 

我が子をあなた自身と同じように考えていませんか?

 

 

あなた自身が瞬発力に優れているからと言って、

我が子がそうであるとは限りませんし、

あるいは文系の方が向いていると思っていても、

子ども自身は全くそうではなかったりします。

 

 

子どもは私達が考えている以上に優れた才能を持っていますし、
自分では気づかない潜在能力も兼ね備えています。

 

 

あなた自身が親として考えてほしいこと

 

あなたが我が子のためにしてあげること。

 

 

それは型に当てはめたり、

自分自身の経験と照らし合わせて考えるのではなく、
子ども自身の向き、不向きだけを単純に考えてほしいのです。

 

 

もちろん遺伝などはあると思いますが、

それだけがすべてではないというこことになります。

 

 

自分が算数が得意だったから子供にも同じようにやらせてみる。

 

 

決してそれが良い結果に繋がるとはいえません。

 

 

逆に文系の方が得意だったりします。

 

 

私自身がそうでしたから。

 

 

私の親は国語が得意で、

実際に文系の学校を卒業し、事務員をやっています。

 

 

ですが私はそろばんをやっていたこともあり、

圧倒的に数のほうが好きですし、得意です。

 

 

事務の仕事もしていましたがとにかく文書関係が苦手でしたし、
全く好きに慣れませんでした。

 

 

そのときに思ったんです。

 

 

算数が得意な経験をいかした方がいいのでは??って。

 

 

結局今では経理関係の仕事をしていますし、

エクセルなどで表のカスタマイズなんかを得意としています。

 

 

マクロなんかも組んだりしますので、自慢できるようなものではありませんが、
職場からはそれなりに重宝してもらっていると思います。

 

 

親と子

 

あなた自身と我が子。

 

 

似ているようで、実は得意分野が異なっているのは

何も珍しいことではありません。

 

 

大切なのは型に嵌めずに子どもが好きなこと、

熱中できること、成果が出やすいものを精一杯やらせてあげること。

 

 

これにつきます。

 

 

最終的にそれが仕事にまで繋がるのであれば、

言うことはないですよね?

 

 

今の日本で好きな仕事に取り組むことができる。

 

 

そんな人がどれだけいるでしょうか?

 

 

大抵は自分の好きなこと、

熱中できることがわからないままです。

 

 

でも、遺伝子検査によって自分の得意分野、

向いている分野がわかるようになれば、
自分の能力が最大限に発揮できる仕事に就くことだってできる。

 

 

そんなことも十分にありえることです。

 

 

それは、あなたとお子さんが得意、不得意を理解していることで、
はじめて効果を発揮できるのではないでしょうか?

 

 

あなたが我が子のことをもっと知りたい、

もっとのびのびと生活させてあげたい。

 

 

そう思っているのであれば。

 

 

遺伝子検査を実施してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

あなたも我が子の可能性を伸ばしてみませんか?